土用の丑の日にうなぎを食べる理由 | 鹿児島の店長ブログ|チャットレディ求人Alice

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


土用の丑の日にうなぎを食べる理由

投稿日:2021年07月26日

カテゴリー:鹿児島中央店スタッフのひとこと

みなさんは、土用の丑の日にうなぎを食べる理由をご存知でしょうか?

 

土用とは、「季節の変わり目の約18日間」のこと。本来は夏だけではなく、立春・立夏・立秋・立冬の直前に、年4回あります。

 

 

なぜ“土”なのかというと、「季節の変化の種をうけとめて芽生えさせる、クッション的な準備期間」という意味が込められているから。

 

「土」は、種をたくわえ、芽を出させるという土の働き(土用)に着目して、4分割して割り振られたのです。つまり、運気が変化する時期ということですね。

では「丑の日」は?というと、干支(えと)の十二支からきています。

十二支は年にもありますが、1日にもあり、12日ごとに繰り返されます。すると約18日間の土用の期間中に、丑の日が1~2回発生します。これが土用の丑の日。

 

土用の丑の日が、夏ばかり話題になるのは、やっぱりうなぎが食べられるから。

夏の土用の丑の日は「う」が付くものを食べると夏負けしないという言い伝えがあります。うどん、瓜、梅干しなどがそれ。うなぎもここからヒントを得たようです。

 

この日は、体をいたわり精が付くものを食べることが行われてきました。昔の人は、季節の変わり目が気を付けるべき時期であることを経験的に知っていたのでしょうね。

 

このように、なんとなく知っている風習でもその理由を知るとより理解が深まりますし、うなぎを食べる意味もわかってきます。

 

チャットのお仕事も一緒ですね。

 

なんとなく、やっていることをなぜそのようにするのか?

 

「なぜ?」「なぜ?」と自分の行動の理由を問いかけてみるとなんとなくやっていることがあったりします。

 

多くの人は、理由を明確にせずになんとなくでやっていることが意外に結構あったりします。

 

例えば、「なぜその衣装にするのか?」「なぜそのような待機の仕方をするのか?」「なぜ会員さんにメールを送るのか?」

 

このようなことを自分の中でしっかり理由づけできている人はやるべきことが明確なので迷いません。

 

もし、収入が伸び悩んでいる人は自分のやっている行動に対してしっかりと一つづつ理由付けしてみると結果も変わってくるかもしれませんね(^^)

 

ちなみに、この前うなぎを食べに行ったのでその写真も載せておきます!

 

鹿児島といえば、うなぎの末よしさん!美味しかった!!!

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

 

 

アリス鹿児島中央駅前店

ヤマナカ

▲ PAGE TOP

天文館店

LINEで応募
鹿児島中央店

LINEで応募