チャットレディは照明を使いこなせばガッツリ稼げる | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディは照明を使いこなせばガッツリ稼げる

チャットレディは照明を使いこなすことで収入倍増も夢じゃない!

チャットレディは照明を使いこなせばガッツリ稼げる

チャットレディとして働くなら、いくつかのものが必要になります。配信をするためのパソコンやWEBカメラ、ネット環境もなければ仕事になりません。

これらの必需品以外に重要になるのが照明です。照明はなくても仕事自体はできます。しかし、これがなければ人気のチャットレディにはなれないといわれているくらい、重要なものなのです。

この記事では「照明がなぜ重要なのか?」という部分や、「チャットレディにおすすめの照明」などを解説していきたいと思います。チャットレディを始めようと思っている女性は、是非参考にしてみて下さい。

チャットレディに照明が重要な理由

チャトレとして働く女性は、ほぼ全員が照明を使っています。まさに照明はこの仕事をするのならマストなアイテムです。なぜ、チャトレたちは照明を使うのでしょうか?ここでは、その理由について解説していきます。

照明次第で盛れる

チャットレディたちが照明を使う理由は、ずばり「盛れるから」です。照明を当てることで美白効果を得られ、印象を大きく変えることができます。

また、照明はその人の印象を変えられるものです。照明を使わないと暗い感じになり、その人自体が暗い人だと思われてしまうでしょう。照明を使うことで、明るい雰囲気を出せるので、ライブチャットサイトを利用する男性から「この子とチャットをしたら楽しそう」だと思わせられるのです。

顔の印象だけではなく、照明を使うことで中身まで盛ることもできます。顔ではなく中身にも自信がない女性は、是非照明を使いこなしてみて下さい。

コンプレックスを隠せる

光の当て方次第で、白飛びさせることができます。これを上手に使い、自分のコンプレックスを隠しているチャットレディも多いです。

鼻が低いのがコンプレックスの女性なら、鼻に強く調光することで、鼻の低さを隠すことができます。エラが張っている女性は、エラ付近に強い光を当てることで輪郭をぼやけさせることも可能です。

顔にコンプレックスがある人は、ただ照明を使うだけではなく、光の角度調節をしながら使いこなしてみて下さい。

チャットレディにおすすめの照明を紹介

ビデオライト、女優ライト、LEDライトなど、照明にはさまざまな種類があります。また、LEDライトの中でも、LEDビデオライトやLEDリングライトなど、細かく種類が分けられ、これまで照明に馴染みがなかった女性には、選ぶのが難しいかもしれません。

そんな人のために、チャットレディの仕事をする上でのおすすめの照明をいくつか紹介していきたいと思います。

スタンドライト

チャットレディをするなら、そこまで多くの照明を使いこなす必要はありません。撮影に使われるような、撮影用ライトなどは不要ですし、レフ板なども使わなくても盛ることは可能です。

チャットレディをするなら、タイプの違う2種類の照明があれば問題なく仕事ができます。その中の一つがスタンドライトです。

床に固定できるスタンドライトは、全体を明るく照らすために必要になります。当て方としては、自分を中心に、画面に写る全体が明るくなるように当てるのがいいでしょう。

電球色はなるべく白いものを選ぶことで、より綺麗に写せます。ライトスタンドはほぼ必須のアイテムなので、チャットレディの仕事をするのなら必ず用意して下さい。

クリップライト

もう一つが、クリップライトです。クリップライトは、いろんなところに付けられるので、角度調節がしやすいライトとして知られています。

自分が当てたいところに当てられるので、スタンドライトではカバーできない顔のコンプレックスを隠すために使っている人が多いです。

当て方のポイントとしては、近すぎず遠すぎずという、絶妙なバランスが求められます。近すぎると白すぎておかしなカメラ写りになってしまいますし、遠すぎるとコンプレックス自体を消すことはできません。

チャットレディをするなら、このクリップライトと、先ほど紹介したスタンドライトがあれば、盛りながらチャットをすることができます。

チャットレディが照明を使うときの注意点

照明を使うときは、いくつか注意するポイントがあります。ここでは、そんな注意点について触れていくので、是非参考にしてみて下さい。

在宅勤務なら電気代に注意!

チャットルームなどに通勤する場合は、電気代を気にする必要はありませんが、在宅で働く場合は電気代に注意が必要です。照明というのは意外と電気代がかかってしまいます。

特に、チャットレディの仕事は電気代がかさむ仕事です。パソコンを使うのでそこで電気が必要になり、ネット通信をするのでそこでも電気を使います。その中で、照明を複数使えば電気代はバカになりません。

チャットレディの電気代は、経費として計上可能です。しかし、経費として計上できたとしても、納める税金が少しばかり減るだけなので、決して得をすることはありません。経費に計上できても、高い電気代を支払うことは免れないので、在宅チャットレディは電気代だけは注意するようにして下さい。

ウェブカメラでどう映るかをチェックしよう

ライブチャットサイトの映像は、ウェブカメラを通じたものになります。なので、カメラ写りがかなり重要になってきます。「盛ろうと思って照明を使ったが、カメラで写った映像では全く盛れていなかった」ということもあるでしょう。

また、人工的な光なので、自然光のように光を浴びるだけで盛れるということもありません。何度も角度や光量を調節して、ベストを探る必要があるのです。

照明を使うときは、「どう写っているのか?」ということを確認してから使うようにして下さい。

高収入チャットレディはチャットの種類で照明を使い分けている

ライブチャットサイトには、チャットの内容によって、ノンアダルトチャットとアダルトチャットという種類が用意されています。高い収入を稼ぎ出すチャットレディは、そのチャットの種類に応じて照明を使い分けているようです。

ここでは、そんなチャットの種類に応じたベストな照明について解説していきたいと思います。

ノンアダルトチャットの照明

ノンアダルトチャットを利用する男性客は、「チャットレディと楽しく話したい」という目的で利用します。だからこそ、明るめの照明を使うことで、より楽しさを演出できます。

楽しさを目的に利用している人に対して、薄暗い明かりで対応してしまうと、相手は楽しさを感じることはできません。楽しさを求めているからこそ、明るい雰囲気を作り出す必要があるのです。

ノンアダルトのチャットをするときは、できるだけ明るさを演出するようにしましょう。

アダルトチャットの照明

アダルトチャットをするのなら、雰囲気作りは重要です。雰囲気一つで、お客さんはより興奮することができます。

 

この雰囲気は、照明で作り出すことも可能です。アダルトチャットをするのなら、ノンアダルトのときのように明るくするのは避けて下さい。明るい中でアダルトなことをしても、雰囲気が出ないので、お客さんを興奮させられないでしょう。

また、ライブチャットサイトでは性器を写すことは許されません。明るくしていたら性器が写ってしまう可能性があり、非常に危険な行為になります。その点、暗い雰囲気を作り出せば、性器が写ってしまうリスクを抑えられるでしょう。

 

アダルトチャットをするのなら、あまり明るくしすぎないことでお客さんを喜ばせられるだけではなく、自分の身も守ることができるのです。

代理店ではチャットレディの照明を用意しているところもある

チャットレディの代理店の中には、照明をいくつも用意しているところもあります。大手代理店であるチャットレディAlice鹿児島では、チャットレディの照明を重視しており、効果的なライトの当て方などの紹介も受けられます。

また、チャットレディAlice鹿児島が用意しているチャットルームに通勤することで、電気代を抑えることも可能です。節約しながら高収入を目指せるということで、貯金もかなりのスピードで貯まっていくでしょう。

他には、「待機の仕方」や、「副業でも稼ぐための方法」なども教えており、チャットレディAlice鹿児島で働くことで、稼げるチャットレディになれます。

チャットレディで多くの収入を稼ぎたいと考えている女性は、他の代理店ではなく、チャットレディAlice鹿児島に登録することをおすすめします。

2021年7月13日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP