私がチャットレディをはじめたきっかけ② | 現役チャットレディからのアドバイス鹿児島版

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


私がチャットレディをはじめたきっかけ②

私がチャットレディをはじめたきっかけ②

 

私がチャットレディをはじめたきっかけは、

副業でできるお仕事を探していた時たまたま思いついたということでした。

 

 

2年以上前になるんですが、当時私は一般事務職として昼間勤務していたんですが、事務職で小さい会社ということもありお給料も月々手取りで10万ちょっと、生活費を差し引くと遊べるお金はそんなに多くありませんでした。
特にその時は友人の結婚式が多く重なっていたり、年末で飲み会も多かったりで、すぐにお金が手に入るという仕事を探していました。
そんなときに目にしたのが自宅のポストに入っていたナイトバイト系のフリー冊子でした。
いつもは開く前にゴミ箱に捨てていたのですが、その時はお金に困っていたということもあり、短時間で高収入とかの文字に惹かれてパラパラページをめくってみました。
最初のページの方には夜のお仕事といえばな「キャバクラ」とかが載っていたのですが、途中から「チャットレディ」のページになり、私的にはチャットレディのページがその冊子の大半を占めていて、チャットレディって今流行っているのかなっていう印象を受けました。
当時はチャットレディのお仕事って存在は知っていたのですが、具体的にどんなことをするのかは全く知りませんでした。
とりあえずその紙面上で確認できる情報として、高収入・勤務時間シフト自由・未経験歓迎を見てその時の生活リズムを考えて副業できそうというのと、全く夜のお仕事をしたことがない私でもできそうということで面接を受けてみようと思いました。
面接希望もメールでやりとりでOKな点もとても気軽に応募しやすかったところです。
正直、面接してみて無理そうだったら断ればいいやみたいな軽い気持ちだったと思います。
それで面接に行ってみた印象として、まず従業員の方が気さくだったのが、仕事できるかもと思った第一の理由だったかもしれません。
水商売とかだとギラギラした強面な黒服な人とか、話しづらそうな雰囲気とかだったらもう行きたくないなって思ってしまうだろうと思います。
普通のパーカーにジーンズの方が丁寧に接してくれて不安なことも話しやすかったです。
私としては水商売もしたことがないのにできるのかというところが不安だったんですが、そこも実際働かれている方は夜のお仕事全く経験の無い方がほとんどというお話でしたし、またチャットレディも年齢層も幅広く、主婦の方もされているということも聞き一気にハードルがさがりました。
また容姿がいいというのが稼げるということに直結するわけではないというお話も聞けて安心しました。
そういうお話で、私でもできるかも!という気持ちになったのと、出勤ペースもほんとに自由でシフトを強制されることがないということだったので昼間の仕事をしながらでも支障ないということが決め手につながりました。

鹿児島店 らん

2017年3月8日 カテゴリー: 新着情報

▲ PAGE TOP