チャットレディを始めるなら身分証明書不要の求人には要注意! | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディを始めるなら身分証明書不要の求人には要注意!

チャットレディの登録には身分証明書が必要

チャットレディを始めるなら身分証明書不要の求人には要注意!

高収入のおすすめ求人としてよく紹介されているチャットレディの仕事は、登録時に身分証明書が必要です。
しかし、これからチャットレディを始めようと思っている方の中には、身分証明書を提示することに抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。

そこで、チャットレディの仕事に、身分証明書が必要な理由について詳しく解説すると共に、身分証明書不要の求人に潜むリスクについても解説します。

チャットレディの仕事に身分証明書の提示が必要な理由とは?

チャットレディの登録を行うサイトでは、身分証明書の提示が、ほぼ必ずと言っていいほど必要になります。
「個人情報を悪用されるのでは?」と不安に思う女性もいるかもしれませんが、身分証明書の確認は、悪用するために行われるのではありません。
むしろその反対で、法律に則った健全な事業を行うため、サイトや店舗は身分証明書の提示を求めているのです。

中には、『身分証明書不要』と謳われているサイトもありますが、そのようなサイトでお仕事することは、おすすめできません。
なぜなら、身分証明書の提示には、明確な理由があるからです。
身分証明書で確認される事項の中には、法律に抵触する可能性のある箇所もあるため、違法な運営をしていないかを測る指標にもなります。

チャットレディとして働くために、なぜ身分証明書の提示が必要なのか、その理由となる確認事項は以下の3つです。

・性別の確認を行うため
チャットレディの仕事は、女性限定のお仕事です。
ライブチャットを利用している男性会員も、通話相手が女性であることを前提に、チャットを楽しんでいます。もし、性別を偽っていた場合、男性客の信用を裏切ってしまうことになりますし、高額な利用料を払っている人からは、かなりの怒りを向けられることになるでしょう。
なりすましをしたチャットレディ個人だけでなく、サイトの評判やチャット業界全体の印象を落としてしまう可能性も少なくありません。

そのため、大手サイトや優良チャットレディ代理店では、お客様からの信用を保つためにも、必ず性別の確認を行なっています。

・年齢確認をするため
ライブチャットサイトでは、18歳未満はお仕事することができません。
アダルトチャットはもちろん、ノンアダルトチャットであっても、年齢制限が決まっています。チャットレディも風俗営業法(風営法)の範囲に該当するお仕事です。
この風営法を守らないで、ライブチャットサイトの運営を続けることはできません。
たとえ、応募者本人が、18歳未満であることを故意に隠して登録しようとしたとしてもです。
働かせてしまった際には、本人を含め、関わったサイトや代理店全てが処罰の対象となります。
そのような危険を未然に防ぐために、身分証明書を用いて、年齢確認を行なっているのです。

・本人からの応募であることを確認するため
チャットレディの仕事に興味を持つ人の中には、他人の身分証明書で登録しようとする方もいます。
理由としては、周囲にバレないように働くためであったり、未成年であることを隠すため、または身分証明書を持っていないからなどです。しかし、身分証明書は自分の身分を証明するためのものなので、性別や年齢の基準をクリアしていたとしても、他人のものでは有効ではありません。
他人が偽って登録しないようにするために、本人確認の用途でも身分証明書の提示をお求めるのです。

登録者が本人であるかより正確に確かめるために、顔写真付きの身分証明書の提示が求められます。
サイトの運営会社や代理店が、法律を遵守した運営を行うために必要な、確認なのです。

『身分証明書不要』に潜む危険性について

チャットレディの求人の中には、『身分証明書不要』として募集している、ライブチャットサイトやチャットレディ代理店もあります。

身分証明書不要の場合、必要な項目の確認をしていないため、未成年を働かせたり、法律を守る意識が低い会社であるケースが少なくありません。
健全なビジネスとして運用している会社と比べて、周りからの信用や社会的なルールに対する考え方が異なるため、さまざまな危険が潜んでいます。

悪徳な運営会社のサイトや店舗に登録してしまうと、次のような危険に合う可能性が高いです。

・報酬の未払いが発生する
悪質な会社では、登録時には良い条件を提示して、実際働いてみると、報酬が支払われないことがあります。
何かと理由をつけて、報酬からいくらか金額が引かれたり、決まった日時に報酬が受け取れなかったりすることも多いです。もともと、法律や契約を守る意識が低いので、メールや電話で問い合わせても、まともに対応してもらえないことが少なくありません。
もし、報酬の支払い金額や支払期日に対してルーズなサイトに登録してしまった場合は、早急に別サイトへ移行することをおすすめします。

・無理なシフトやノルマの強制をされる
完全歩合制であるチャットレディの仕事は、好きな時に自分の稼ぎたい分だけ働けるメリットがあります。
しかし、悪質なサイトや店舗では、本人の意思とは関係なく、無理なシフトを組まされたり、ノルマを強制されることも多いです。
稼ぐことを優先しているので、働く女性への配慮が乏しいと言えます。募集要項には「自由出勤」「ノルマ無し」と書かれていることが大半で、求人情報からは悪徳かどうかが判断しにくいため、応募には注意が必要です。

・顔出しやアダルトジャンルへの出演を強要される
顔出しは、ノンアダルトのサイトでは必須としれているケースもありますが、基本は働く女性の自由です。
また、アダルト・ノンアダルトのジャンル選択は、チャットレディが自分の意思でできます。女性を稼ぐためのツールとしか考えていない場合、身分証明書の確認よりも、とにかく多くの女性を集めることを重視している可能性が少なくありません。
そのため、顔出しやアダルトジャンルへの出演を強要に合うケースも、比較的多いです。

チャットレディ登録時に身分証明書として認められるもの

チャットレディとして登録する際、身分証明書として認められるものには条件があります。
それは、顔写真付きの身分証明書であることです。
本人確認を正確に行うためには、名前や生年月日以外に、画像と応募者が一致しているかも確認します。
そのため、顔写真が付いている、運転免許証やパスポート・マイナンバーカード・学生証などは、身分証明書として利用することが可能です。

しかしながら、ライブチャットのサイトや代理店の店舗によって、認められる身分証明書には多少の違いがあります。
社員証や学生証は不可としていたり、中にはパスポートであっても身分証明書として不十分とするなどです。

反対に、あまり多くありませんが、顔写真付きでない健康保険証や住民票などであっても、条件付きで身分証明書として認めるケースもあります。
顔写真とセットにすることや、他の身分証明書を複数提出するなどが、条件になっていることが多いです。

チャットレディの身分証明書が悪用されないと言えるワケとは?

チャットレディの登録で身分証明書が必要なのは、性別・年齢・本人確認のためです。
とは言っても、身分証明書の提示に抵抗がある人にとっては、「個人情報を悪用されるのではないか?」と不安に思うでしょう。
ですが、法律をきちんと守って運営を行っているまともな会社であれば、個人情報を悪用するような自体は、まずないと言えます。

なぜなら、大手サイトや優良な代理店は、チャットレディとの信頼関係を大切にしており、信用を失うような行動を避けるからです。
チャットレディのサイトや代理店は、あくまで働く女性がいてこそのものであり、女性利用者が増えることによって、会社の業績もアップします。
なので、女性が不安に思うような行動や、安全性を欠くような運営方法をとることはないと言えるでしょう。

また、個人情報は、企業として個人情報保護法に則り、適切な管理を行う義務があります。
違反した時には、罰則や訴訟問題にもなりかねません。
そのため、個人情報を悪用することは、サイト・代理店にとってはデメリットでしかないのです。

初心者チャットレディが身分証明書を安心して提示できるおすすめの代理店

チャットレディとしてお仕事を始める際には、身分証明書をきちんと用意して、適切に個人情報を扱ってくれる優良なサイト・代理店を選択することが大切です。
身分証明書の掲示を求めるケースの方が、法律を守る意識が高いと言えるため、安全性を重視し、後々のトラブルを避ける結果にもつながります。

チャットレディ代理店のAlice(アリス)では、もちろん身分証明書の提示が必要です。
その分、法律を遵守した経営を行っており、長年の実績と信用があります。
確実に安全な代理店で働きたいと思った時には、チャットレディ代理店Aliceを検討してみてはいかがでしょうか。

2021年6月15日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP