ライブチャットはキャプチャリスクが高い!?対策方法はある? | 現役チャットレディからのアドバイス鹿児島版

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


ライブチャットはキャプチャリスクが高い!?対策方法はある?

ライブチャットはキャプチャリスクが高い!?対策方法はある?

ライブチャットのキャプチャが怖い!始めたいけど不安な人に対策方法を伝授!

チャットレディの仕事に興味を持ち調べていると、ライブチャットのキャプチャ被害について目にすることがあります。基本的にライブチャットサイトで動画配信を行い、男性会員と会話を楽しむ仕事のため画面のキャプチャや動画の録画をされてしまうという被害が、少数ではありますが存在します。

今回は、ライブチャットの配信動画のキャプチャや盗撮被害について詳しくご紹介していきます。

ライブチャットでなぜキャプチャされるの?本当は規約違反!

ライブチャットは女性がライブ配信を行い、リアルタイムで男性と会話を楽しむ場です。基本的に録画を楽しむサービスではないため、配信動画の画像キャプチャや画面録画の動画キャプチャは想定されていません。

しかし、それでもキャプチャを行うお客さんがいるのです。配信者は視聴者が何をしているのか全てを把握することは不可能です。なぜ、キャプチャを撮る男性が存在してしまうのでしょうか。

キャプチャを行う人の心理や利用方法

チャットレディはライブチャット配信を行い、リアルタイムで男性と会話を楽しむことで報酬を得ることができています。そのため、画像キャプチャや動画キャプチャを行う人は万引きと同じ行為のように思えるでしょう。

人として良くない行為であることは、男性も理解しているはずです。それなのになぜキャプチャ行為を行う人がいるのでしょうか。理由としては2つあります。

  • 好みの女の子の画像や動画をコレクションとして残したいから
  • 映像や画像を利益に変えるため

芸能人がSNSでライブ配信を行っている際、スクショタイムなどを設けてキャプチャを撮る時間があります。好きな芸能人をリアルタイムで観ながらも、キャプチャにも残したいという気持ちは理解できるでしょう。ライブチャットを利用する男性も、同じような気持ちで好みの女性のキャプチャを残したいと思います。

ただコレクションにしたいという理由でキャプチャをする人は、自分で見るために残すだけなので被害はありません。しかし、ライブチャットの運営サイト側から見ると著作権の侵害です。私的利用のため違法性はありませんが、民事訴訟になる場合はあり得ます。

もう一つの理由である「利益を得るため」は、完全に違法行為です。動画投稿サイトで有料視聴させたりするなど、利益を得る方法は多々あります。チャットレディの動画を上手くつなぎ合わせ、アダルトビデオのように編集する悪質な人まで存在します。

ネット上に公開されてしまうと、ライブチャットを利用する人だけではなく多くの人に視聴されてしまうため顔バレ・身バレのリスクに繋がってしまいます。

キャプチャを公開する行為は規約違反

ライブチャットサイトには規約が存在しており、キャプチャ画像や音声、映像をネット上に公開する行為は規約違反であるということがしっかりと書かれています。これはチャットレディの肖像権と運営側の著作権を守るためです。

大手ライブチャットサイトの場合、配信画面に大きくサイトのロゴを載せているので違反動画が投稿されているとすぐにわかります。
そのため、違反行為をした人はサイト退会、刑事訴訟や民事訴訟に発展することがあります。

このようなことにならないよう、運営サイトでは常にパトロールを行っていますが男性側が何をしているかはわからない状態なので完全に防ぐことはできていません。

ライブチャットのキャプチャは対策でリスク回避可能

ライブチャットサイト側でもパトロールを行うなどの対策を行っていますが、完全回避には繋がっていません。諦めるしかないようにも思えますが、働く女性側でもできる対策があるのでご紹介していきます。

顔は一度に全部映さない

キャプチャを撮られることで画像や映像が流出し、知り合いに見られてしまうことが一番怖いことです。顔バレ・身バレを阻止するために、顔は全部映さないようにしましょう。

待機中は顔の下半分だけを映すようにしたり、顔を全て映すのは2ショットの時や常連さんと会話するときだけにしたりなど、工夫をすることができます。

このような対策を行うことで、キャプチャ目的に男性のターゲットから外れることができます。チラ見せ好きな男性や、特別感が好きな男性には評判がいいですよ。

顔出しをしない

ライブチャットは顔出しなしでも働くことが可能です。そのため、体だけを映して顔出しをしないで働くのも一つの選択です。特に、アダルトジャンルで働く人は顔出しをしないほうが無難でしょう。

アダルト行為をするときはアングルを変えて身体だけを映し、会話だけするときは顔を映すという工夫をしてもいいかもしれません。顔出しをしていないチャットレディはたくさんいるので安心してください。

完全に顔を出さないことは的確な対策方法ですが、油断してしまうと大変なことになります。特に在宅でチャットレディの仕事をする人は以下に気を付けてください。

  • 免許証などの個人情報が映り込んでいないか
  • 会社の制服が映っていないか
  • 部屋の窓から景色が見えていないか

このようなことに気を付けていないと、身バレしてしまう可能性があります。部屋から見えた景色で特定できるわけがないと思うかもしれませんが、そういった小さな情報から場所を特定するのが得意な人は存在します。ほんの小さなことから身バレする可能性が出てきてしまうのです。

ノンアダルトで働く

ライブチャットのキャプチャをする男性は、アダルトサイトに価値があると考えている人が多いようです。そのため、最初からノンアダルトで働くことでリスク回避に繋がります。

ライブチャットサイトによってはアダルトとノンアダルトの区別がなく、ミックスというジャンルがあるところもあります。キャプチャ対策を徹底するのであれば、完全にノンアダルトのサイトを選んだほうがいいでしょう。

ノンアダルトの場合、アダルトよりも収入は落ちてしまいますが一般的なアルバイトよりは十分に高収入を狙うことが可能ですよ。

ガラリと変装をする

ライブチャットはネット上で配信を行うため、普段とは違う自分になりやすい場所でもあります。せっかくの機会なので、身バレ対策も兼ねて印象をガラリと変える変装をしましょう。

普段濃いメイクをしている人は清楚系に、普段清楚系の人はギャル系に変装することで別人になることができます。カラコンやウィッグを使用すると、知り合いに万が一見られても気付かれずに済みますよ。

また、喋り方なども変えてみると印象もガラリと変わります。最近の機材は性能がいいので、映像の場合でも違う人に見えるくらい補正を行うことができます。カメラアプリで別人に映るのと同じです。

不自然にならない程度に加工を行うことで、身バレ対策もバッチリ行うことができるでしょう。もしも流出してしまったとしても、誰にも気づかれる心配がありません。

ライブチャットでキャプチャのリスクをより回避したいなら代理店登録!

ライブチャットでは画像や動画のキャプチャを撮り、コレクションにする人や利益に変えてしまう人がいるということが分かりました。そういったリスクがあるからこそ高収入だと思った人もいるかもしれません。しかし、それは我慢しなければいけないことなのではなく対策を行えばリスク回避できるものなのです。

そうはいっても、リスク回避を自分だけで行うのには不安が残るという人もいるかもしれません。そんな人には、代理店登録をおすすめします。すべての代理店ではありませんが、優良代理店では身バレ対策をしっかり行ってくれますよ。

優良代理店は、ブログのランキング上位のところを選ぶといいでしょう。中でもチャットレディAlice鹿児島がおすすめです。

アリスではスタッフが常にライブチャットサイトだけではなく、ネット上の動画投稿サイトなどを巡回しています。もしも、代理店に登録しているチャットレディの動画や画像が投稿されていたら即座に削除依頼をしてくれるのです。このスピードは個人でやっていては到底無理です。

また、顧問弁護士も付いているのでトラブルになったときに自分で弁護士を雇う費用も必要なくなりますよ。安心して仕事に集中することができます。

また、身バレ対策に使えるウィッグや衣装の貸し出しも行ってくれます。チャットレディを始めるために初期費用をかける必要がなくなるのです。もちろん、身バレ対策だけではなく高収入を稼ぐための方法もアドバイスしてくれますよ。

少しでも気になったら、チャットレディAlice鹿児島へ面接に行ってみてはいかがでしょうか。

2021年1月26日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP