チャットレディは住民税で本業バレする?副業を隠す方法を解説 | チャトレのお役立ちコンテンツチャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディは住民税で本業バレする?副業を隠す方法を解説

チャットレディなら住民税の納税方法には注意が必要

チャットレディは住民税で本業バレする?副業を隠す方法を解説

稼げる仕事として知られているチャットレディ。昔流行ったメールレディよりも、圧倒的に稼げる仕事です。高収入を得られる仕事なので、それだけ高額の税金を納める必要があります。

この税金について、特に注意したいのが住民税です。住民税の納める方法次第で、本業の会社にバレてしまったり、家族にバレてしまうこともあります。

この記事では、そんなチャットレディの住民税問題と税金関係についてわかりやすく解説していきたいと思います。「本業の会社にバレずにこの仕事をしたい」「税金について、いまいち理解できていない」という女性は、是非参考にしてみて下さい。

まずはチャットレディの税金関係を解説

チャットレディの仕事をする上で、納めなければならない税金はいくつかあります。まずは、この税金関係について解説していきたいと思います。

納めるべき税金を納めないと、ペナルティとして追徴課税を受けることもあるので、注意するようにしましょう。

一定の金額を稼いだのなら確定申告が必要

チャットレディを行うのなら、個人事業主として始めることになります。そのため、決められた期間に確定申告をしなければなりません。

本業でチャットレディをするのなら、収入から必要経費を引いた所得が48万円以上なら、確定申告の義務が発生します。

また、副業でチャットレディをするのなら、収入から必要経費を引いた所得が20万円以上なら確定申告をする必要があるので、義務がある人は忘れずに行うようにしましょう。

収入から経費を引いた額に所得税がかかる

確定申告が必要かどうかの所得は、収入から必要経費を引いた額で算出されます。もらった給与で計算するのではなく、もらった給与額から経費分を引いた額が基準額になるのです。

チャットレディの仕事で経費として認められる支出は以下の通りです。

  • 仕事で使うパソコンやスマホの購入費用
  • ネット通信費
  • 電気代などの光熱費
  • 配信で着るためのコスプレ衣装
  • 身バレ対策に使うウィッグやカラコン

などが、チャットレディの仕事をする上での代表的な経費になります。特に、在宅でチャットレディをするのなら、経費になる支出が多くなるので、領収書などを忘れずに保管しておくようにしましょう。

所得税と住民税を納める必要がある

確定申告書を提出したのなら、その後に所得額に応じて所得税と住民税を納める必要があります。

チャットレディの中には、「確定申告をしたがその後の所得税や住民税を納めるのを忘れてた」という人もいます。この場合延滞税がかかってしまうので注意が必要です。

「確定申告をして、それに応じて納めるべき税金を納める」というのをセットに考えるようにして下さい。

確定申告は絶対に忘れずにしよう

中には、所得税や住民税を納めたくないからと、確定申告自体をしない人もいます。しかし、これがバレてしまうと追加で多額の税金を納めることになります。

本来納めるはずの倍以上の税金を納めることになるので、義務があるのなら確定申告は必ず行うようにして下さい。

チャットレディは稼げる仕事です。高収入を得ている人が追徴課税を受けてしまうと、多額の税金を納めることになります。そうなると、手持ちのお金では足りなくなることもあるので、確定申告義務があるのなら素直に行うようにしましょう。

チャットレディは住民税の納め方でバレることがある

税金を納めるときは、その納め方も気を付けなければなりません。特に、住民税の納め方次第で本業の会社にバレるケースも存在します。

ここでは、副業でチャットレディをしている女性が本業の会社にバレずに住民税を納める方法を紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

住民税の納め方は特別徴収と普通徴収の2種類ある

住民税の納付方法は、会社の給料から天引きされる『特別徴収』と、自分で納めに行く『普通徴収』という2つの方法が用意されています。

ここでは、それぞれの方法の特徴などを解説していきます。

特別徴収

副業をしているのがバレてしまうのは、住民税を特別徴収で納めている人です。

特別徴収は、会社の経理が住民税の計算をしてくれ、その額を給料から天引きという形で納めることになります。チャットレディをしている分の住民税も一緒に天引きされることになるので、会社の経理に「金額が合わない」と感じられ、副業がバレてしまうのです。

会社の中には、副業を禁止しているところもありますし、チャットレディをしていることがバレてしまうと、会社に居づらくなってしまいます。チャットレディを辞めさせられることもあるので、住民税を納めるときは特別徴収だけは選ばないようにしましょう。

普通徴収

副業をしていることをバレずに住民税を納めるなら、こちらの方法を選択して下さい。普通徴収は、自分で住民税を納めるので、会社にバレずに納税することができます。

特別徴収と普通徴収の選択は、確定申告書で選択可能です。会社にバレずにチャットレディをしているのなら、普通徴収にチェックするのを忘れないようにして下さい。

また、住んでいる自治体によって普通徴収と特別徴収を選べない場合もあるので、「自分の住んでいる自治体は選べるのか?」というのは忘れずにチェックすることをおすすめします。

チャットレディの住民税問題は誰に相談すればいい?

チャットレディにとって、この税金問題というのは、かなりハードルが高いと感じるものです。特に、これまで確定申告をしたことがない人にとっては、事業所得、給与所得、雑所得の違いすらわからない人もいます。

だからといって、生半可な知識で確定申告をしても、「書類に不備があった」ということで延滞税を支払うことにもなりかねません。

「税金についてさっぱり理解できていない」というチャットレディは、相談できる相手を探しておくことをおすすめします。ここでは、税金の問題を相談するベストな相手について触れていきたいと思います。

税理士事務所

税金のことを相談するのなら、税理士事務所がおすすめです。税理士は税金のプロなので、税金についての全てを相談することができます。

  • 白色申告と青色申告の違い
  • 基礎控除、所得控除額、所得割とはなにか?

という部分も詳しく解説してくれるでしょう。所得金額に応じた住民税申告や個人住民税の額の算出などもしてくれるので、「税金がいくらかかるのか?」というのを事前に知ることができます。

特に、「チャットレディで初めて確定申告をする」という人は、わからないことが多いものです。わからないからと適当に確定申告をしてしまうと、ミスをする可能性が高くなってしまいます。

税理士事務所に依頼することで、確実に確定申告を終わらせてくれます。「不備なく時間をかけずに確定申告をしたい」という人は、是非税理士事務所に依頼してみて下さい。

チャットレディの代理店

チャットレディの代理店の中には、税理士と顧問契約を結んでいるところもあります。このような代理店を選ぶことで、税金に関する幅広いサポートを受けることが可能です。

自分で税理士に依頼する場合は費用がかかりますが、この場合は代理店が税理士に支払う費用を出してくれているので、チャットレディ側は無料で相談ができます。「お金をかけずに税金問題をクリアにしたい」という人は、税理士と顧問契約をしている代理店を探して、そこに登録してみて下さい。

チャットレディの代理店で住民税問題を解決しよう

チャットレディの税金問題というのは、非常に難解なものです。特に、住民税の納め方次第で本業の会社にバレてしまうというのは、非常に恐ろしいものだと言えます。

税金問題をクリアにしたいのなら、先ほど紹介した通り、チャットレディの代理店に登録することをおすすめします。特に、チャットレディAlice鹿児島という代理店では、税理士と顧問契約を結んで、チャットレディの税務サポートを行っています。

こちらの代理店に登録することで、確定申告の時期に悩むこともありませんし、副業をしていることも隠し通すことができるでしょう。

他にも、チャットレディに対するサポートを多く用意しているので、ストレスを感じることなく働くことができます。

快適に働きたいのなら、是非チャットレディAlice鹿児島で働いてみて下さい。

2021年10月27日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP